お知らせ

11月8日読売新聞(奈良版)記者のコラムにて取り上げていただきました

夏の取材でお世話になった読売新聞の前川和弘さんがコラムを書いてくださいました。

ネット記事が上がっていないので、リンク貼れないのですが。。。

・虫は苦手だった。

・コーヒーを入口に、抵抗が薄まっていたので、ツクツクボウシのピザなんかも食べられた。

・今でも、進んで食べたいとは思わないが、印象は間違いなく変わった。

最後に、取材を通じて、何事も試してみることで考えも変わることが学べたと締めくくっていただいています。

そうなんです。昆虫食というのは、「先入観」というものを考えるきっかけになります。

人はみんな印象や色眼鏡で物事をみている。

昆虫食を通じて、物の見方や考え方に気づくことができます。世の中の価値観に縛られていないか、思い込んでいないか。

客観的に、冷静に物事を見る目を養うきっかけになります。

実は、これが昆虫食を通じて学べる最も重要なことのひとつだと思っています。

前川さんありがとうございました!!!